01.ネオ/NEO

略称:NEO
発行上限:1億NEO
時価総額ランキング :10位
発行開始:2016年10月
ブロック生成時間:約15~20秒

 

概要

  • 中国版イーサリアムと呼ばれるくらいイーサリアムと類似しているプラットホーム通貨(スマートコントラクト採用)
  • 2017年にAntshares→NEOに改名し注目を集める

 

特徴

※イーサリアムとの違いに焦点を当てて解説

① 技術者向けの開発環境(プログラミング言語)が豊富

ネオの最大の特徴は、使えるプログラミング言語が豊富だという点です。

イーサリアムの場合はSolidityのみ、リスクの場合はJavaScriptのみでしたが、ネオの場合はMicrosoft.net、Java、Kotlin、Go、Pythonなどが使用可能なプログラミング言語が豊富ということで、開発者にとって敷居がかなり低くなっています。

プログラミング言語を網羅する事で、たくさんの開発者の参加が期待できるのもネオの特徴の1つです。

 

② DBFT、NeoX、NeoFS、NeoQSなどの独自の技術を担保している

NEOは、上記のような独自の技術を将来のスマートエコノミーのインフラとして活用しています。

こういった独自の技術を担保している点も、大きな特徴の1つです。

 

 

今後注目しておくべきポイントやイベント

NEOベースのICOに注目

NEO開発者が参入しやすい環境になっているので、これからはますますNEO上でのアプリケーションの開発(ICO)が盛んになる事が予想されます。

もちろんICOが盛んになれば、NEOのシステムが更に注目を浴び、価格上昇も期待できるのですが、それに加えNEO上で大きなICOが行われる場合、通常資金集めはNEOで行われます。

つまりそのICOが魅力的であれば魅力的であるほど参加したい人は増え、参加するためにはNEOを買わないといけないのでNEOの価格の上昇に繋がると考えられます。