01.投資の基本原則

先ほども記述しましたが、仮想通貨市場は確かに年スパンで見て右肩上がりです。

しかし、その取扱いや売買がとても難しいものである、と私はこれまでに何度も感じております。

ビットコインの送金方法が分からない、管理方法が分からない等、挙げるとたくさん出てきます。

ただ、私が仮想通貨投資をたくさんの人に教える中で、慣れてしまえばさほど難しくはない、と感じています。

「仮想通貨=怖い、難しい」という考えさえ払拭して、自分で実際触れてみれば、皆様すぐに使いこなせる印象があります。

 

価格のお話しに戻りますが、グラフ①をご覧ください。
仮想通貨の代表、ビットコインを例に価格推移を表しています。

仮想通貨市場は、昨年(2017年)バブルだ!と騒がれておりましたが、冷静に見ると、およそ2か月に1回mpペースで20%~30%の下落を迎えています。
その要因は政府の規制、マイニング ※2会社の方針、著名人の発言等、その他要因はたくさんあるとは思いますが、この図を見ると、まるで誰かが操作しているのではないか?と考えてしまうくらい定期的な下落を迎えていました。

その下落のタイミングを予測し、底値で拾って、高値で売り抜き、また下落で拾う、ということが出来れば無限に儲かるでしょうが、この波の激しい仮想通貨市場において、そのようなことを正確にできる人は恐らくいないと私は思います。

仮想通貨市場においては、よく界隈でも「チャートがぶっ壊れる」といった表現が出るくらいの値動きをしたりしますから…

だからこそ、この仮想通貨という魔物に触れるにあたっての基本原則(私からのメッセージ)を以下に3つご紹介いたしますので、ここはしっかり押さえておいてください。

① 投資は余剰資金で!
② 「卵は1つのかごに盛るな!というより、常に卵が買える資金を残せ!」
③ 目標金額の設定と、達成後のビジョンを明確に!


① 投資は余剰資金で!

まず、1つ目の原則についてです。

「投資は余剰資金で!」という言葉。

それは仮想通貨だけでなく、投資をするうえで当たり前の考え方だと私は思っていますが… これを口酸っぱく言っていても、平気で資産の5割、8割を投資してしまう方がいます。

私の周りの方の例で、貯金の7割を仮想通貨に突っ込んだ上に、保険まで解約しようとする方もいました。

もちろん、ビッグウェーブに乗りたい!今しかない!という気持ちは理解できますが、現時点で初心者の方にとって、仮想通貨投資は非常にリスクが大きいです。
暴落期の底値であればまだしも、人間は心理的に上がっている時こそ買いたくなる生き物ですし、歴史の浅い仮想通貨市場においては、その暴落期も底値ではなく、更なる暴落を迎える時だってあります。

ならば、余剰資金の定義は?という事ですが、これは人それぞれ微妙に違う部分だと思いますが、私の中では「生活費を除いた投資に回せるお金」と定めています。

生活費を除いた投資に回せるお金の全体を10とすると、仮想通貨に投資する割合は、まずは慣れるという意味でも、2割以下が適正だと私は考えています。

ここでは、2割を強調したいという意味ではなく、仮想通貨は暴落も多い市場なので、「余剰資金を常に残しておくこと!」を意識していただきたいと思っています。

また、今回のコインチェックのハッキング事件を見ても、仮想通貨は暴落リスクだけでなく、セキュリティ、盗難リスクも常につきまとう非常に不安定な状態です。

セキュリティや盗難リスクについては、管理方法を分散しておくことで、被害を最小限にすることは出来ますが、仮想通貨市場全体の暴落は相当運が良くないと防ぐことはできません。

運が良くないという表現をしたのは、レバレッジ ※3をかけてショート ※4 で張るなどで成功させる方もいますが、この不安定なマーケットではリスクが高すぎるので初心者の方にはあまりおススメしません。

ですので、仮想通貨投資は非常にリスクが大きいということを十分意識し、投資は余剰資金で!という言葉を念頭に置いておきましょう。

 

 


②「卵は1つのかごに盛るな!というよりも
常に卵が買える資金を残せ!」

続いて2つ目の原則についてです。

どんな投資でも「卵は1つのかごに盛るな」という言葉、いわゆる分散したポートフォリオ ※43 を組みなさいという教えが飛び交っています。これについては皆様よく理解しておられると思いますし、私も賛成です。

ただし、私の考えとして、余剰資金で行うことが前提とするならば、自分が一生懸命調べて、その未来や可能性に賭けたいといった確信のある通貨が1種類もしくは2種類しかないというのであれば、無理して分散ポートフォリオを組むことはせず、その通貨に集中して投資するのも良いと思います。

私自身、新入社員で給料も安かった参入初期には、少額しか投資できなかったので、銘柄を絞り込んで投資していました。

しかし、1つだけ意識して頂きたいことがあります。それは入金したお金(円)を使い切ることなく、一部は残して購入することを心がけてください。

えば100万円分の仮想通貨を買おう!と思った場合、50万円は投資し、50万円は円で残して、暴落のチャンスを伺うといった方法です。

先ほども言いましたが、仮想通貨市場は昨年、2か月に1回暴落しています。その都度、「あの時一気に買わずに、円資産を残していればなぁ」と思われた方をたくさん見てきました。もちろん僕もそのうちの1人です。笑

私は約2年前、初期投資数十万円で仮想通貨を始めました。当初、サラリーマンの時のボーナスのほとんどを一気にビットコインに投入し、その翌週すぐに10%〜20%の下落が起こり、メンタルがやられてすぐ損切りした記憶が今でも残っています。

その時に、「10割のうち、先に5割だけ投資をして、残りの5割は暴落した瞬間に拾えたら良かったのになぁ」と素直に思いました。ビットコインが暴落したときは、他に買いたい通貨も頭に浮かんでいたので、マーケットに慣れない始めのうちは、そういう意味でも特に資金を残しながら投資すべきだと思いました。

ですから、皆様も基本的な考え方として、自分の投資できるお金は一気に投資する(使い切る)のではなく、極力分けて投資するように心掛けてください。でも、この通貨は絶対上がるから今一気にいくしかない!といった確信がある場合は、また話が別ですので、その時は止めないですけどね…笑

基本は、資産を分けて投資する、分散を心がけてください。

 


③ 目標金額の設定と、達成後のビジョンを明確に

続いて3つ目の原則です。

1つ目と2つ目の原則は、これまで投資をやってきた方からすると当たり前に思うことかもしれませんが、この3つ目の「目標金額の設定と、達成後のビジョンを明確に」という事は特に見落としがちであると私は考えており、本書を見ていただいている方には最も伝えたい原則です。

よく、宝くじが当たった方の7割、8割は破産するという言葉を耳にしませんか?

そういう方の共通点はいたって単純です。当たった後のビジョンを明確にしておらず、当たった瞬間に思考が停止し、浮足立って急に羽振りが良くなり、金銭感覚がおかしくなって税金も払えなくなるくらいお金を使ってしまう、という負の連鎖です。

もちろん!宝くじが当たることを予想するのは無理です。もし、そんな人がいたら私に紹介してください。笑

ただし、宝くじもいわば、確率は違えど投資ですから、当たった時にどうするのか。といったビジョンを膨らませておかないと痛い目に遭います。

仮想通貨投資に戻って考えますが、仮想通貨も宝くじのようにとても夢があります。
宝くじよりも資産を増やすことにおいての確率は、もちろん高いです。よく億り人 ※6 というワードを耳にするくらい、仮想通貨で億万長者になった人は日本でもたくさんいると言われていますし、今後も続出すると私は思っています。

しかし、億り人になった後のビジョンを明確にしておかないと、宝くじが当たった後に破産する人達と同じ道をたどることになります。ましてや現状、仮想通貨に対する税金は雑所得扱いですから、最大55%取られてしまいます。厳しすぎますよね。

また、このビジョンや目標金額を明確にしておくのと、しておかないのでは、目標達成にかかる時間が変わってくると思います。

よく事業を成功させるには目標を細分化することが大切と言いますが、仮想通貨においても似たような事が言え、しっかり目標金額を設定している方の方が圧倒的に情報量を多く持っていて、それ故に資産を大きく膨らませているケースが多いです。

仮想通貨においては毎日情報に触れることが成功への一番の近道ですので、毎日情報に触れるというモチベーション維持の観点からも、目標金額の設定や達成後のビジョンを明確にしておきましょう。

私の目標金額は内緒です。笑

しかし達成した後のビジョンとしては、税金の分は元本保証型の1年満期の預金や投資信託プランを組んで少し膨らまし、残りのお金の8割は3つほどの堅い投資(金融、不動産)などで回しながら利回りでどんどんお金を回していく予定です。(もちろん海外も視野に入れています。)

その利回りで収入を確保しつつ、ずっとしたかった個人経営の居酒屋とお金の塾を経営したいと考えています。

やりたいことを挙げだすと止まらなくなるので、ここで止めておきます。

つまり私の場合、稼いだ後は使う!消費するのではなく、そのお金をどう守っていく(保全する)、またはどう増やしていくかというビジョンを明確にしています。あとは、目標達成すればそのルールのもと行動して、欲しいものはそこからの利回りで購入します。ちなみに欲しいものもいっぱいあります…笑

もう一度、念を押して言いますが、仮想通貨で莫大なお金を稼げる可能性は、現状普通の投資よりは高いです。世界中のあらゆる大きな企業が仮想通貨参入の意向を示しているので、今後もどんどん市場が拡大するでしょう。

しかし、最も大事なのは稼ぐことではなく、相続も含めて守っていくことなのです。

守り方を知らない人は、攻めることもできません。

この「お金の守り方」を知らない方は、今後日本が抱える問題を考えた時に、大きく取り残されていくと私は考えておりますので、皆様も是非、仮想通貨投資で稼いだ後のビジョンを明確化し、実際に目標達成したらどのように行動していくのか、というところまでを詳細に考えておくようにしましょう!

お金がお金を生むプランニングを、しっかり立てておくべきなのです。

これが、私の仮想通貨投資をする前の原則のとしてお伝えしたいことです。

 


ワーク